« ノルウェーナイト | トップページ | 映画「Venus」 »

鳥獣戯画を前にウンチクる

kumiねえさんも書いていた
鳥獣戯画がやってきた!ヤア!ヤア!ヤア!
に行ってきました
ヤア!ヤア!ヤア!は余計です

いつも
ちょっとだけよ
てな展示ばかりだった鳥獣戯画
甲乙丙丁4巻全巻揃っております
しかも半分5mがズズズっと開かれて展示中
会期全後半2度行くとほんとに全部が観られるという

甲巻は
話のリズム感があるせいなのか
広げてみると5mって意外と短いね、と思ってしまった
これまで小出しに見ていたので
ウサギどんやカエルどんは画面上にもっと沢山居るんだと思ってた

プレビューで人も少なかったので
じーっくり観る
こんな機会もう無いかもなあ

新しいサントリー美術館は光量を抑えて展示出来るのがウリだそうだけど
確かにこういう巻物を観る時に起こりがちな
妙な埃が目につくとか
ガラスについた人の顔油がギラつくとか
そういう邪念なくサラッと作品と対面出来ていいですな

ウサギどんとカエルどんとしばし対面


4巻が揃って展示されているってだけでもスゲー!なのに
今回はある期間、断簡もやってきますヤア!ヤア!ヤア!

断簡つーのは
オリジナルの一部がいつのまにか切り取られて他で保存されていたもの
つまり元々は巻の中にあったものなのです

それがオリジナルの巻と久しぶりに対面するわけです
徳光和夫なら泣いてるとこです
その感動は11/21~12/3にご覧になるのがお勧めよ
(毎週のように展示替えがあるので)

その断簡が元々どこに入っていた場面なのか?
模本(模写)にあって現在オリジナルに無い場面はどこに行ったのか?
更には
長年作者とさえてた鳥羽僧正の生年と制作年のズレから
作者不明となった今
んじゃ誰が描いたのさ?
という最大のミステリー含め
謎は深まり
その謎を考えられる展示にもなっていて

すっかりウンチク親父になってしまう


そしてその夜ウンチクを寿司盛を前に語る私
誰か止めてくれ

0024



mani

|

« ノルウェーナイト | トップページ | 映画「Venus」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

徳光さんじゃなくても、ブログが面白過ぎて泣きました(笑)
さすがー。プロ。
ダンカンね!
っていうか、その型にハマった寿司は何っ!?
ごいすー

投稿: kumi | 2007/11/05 22:07

このお寿司盛は毎年恒例となっているので
同じ写真ばかり溜まっていくのもなんだし
写真加工して遊んじゃったん

徳光ばりに泣いて頂きましたか!
イエーイ
ダンカン!
ダンカン!

投稿: mani | 2007/11/05 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423378/8774517

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥獣戯画を前にウンチクる:

» 鳥獣戯画展 講演会 サントリー美術館 [茉莉花の幻想 CGアート]
はじめまして(^_^) TB失礼します。昨日 鳥獣戯画展 にいってきましたものですから 鳥獣戯画展 を検索していてたどり着きました。またお邪魔させて頂きますね。 [続きを読む]

受信: 2007/11/19 09:02

« ノルウェーナイト | トップページ | 映画「Venus」 »